水草のタネ ミスト式 100均のプラケースでも楽しめるよ!

ミスト式とは水槽に水を入れず密封した湿度の高い環境で水草を育成する画期的な方法で、誰でも簡単に水草の絨毯のレイアウトを作成する事ができます。

さらに、このミスト式での水槽立ち上げが人気になった事で「プレミアムシード」という水草の種を撒いてミスト式で発芽させるという方法も確立されました。しかし、タネの種類は少なく「ヘアーグラス」と「カーペットパールグラス」の2種類。

 

「カーペットパールグラス」は当初はグロッソスティグマやキューバパールグラスという名前で売られ、実際に種を撒いて成長させてみると謎の草が生えてきます。まったく違うじゃねぇか。という苦情を受け続けた事で品名を何度も変更し現在はカーペットプランツという商品名になりました。西洋人からはフェイクグロッソスティグマと呼ばれています。

この偽物扱いまでされた水草のタネを2種類、丹精込めて育ててみました。その様子をご覧ください。

スポンサーリンク

ミスト式でタネをまく!

プレミアムシードという商品名で種が発売されました。が!中身が同じものが安くAmazonで売られています。中国から発送で1週間〜10日程度でポスト投函されます。 本家の水草の種プレミアムシードの価格は1800円。 一方Amazonで売られている水草のタネは500円程度とお安い。

さらに種の量もプレミアムシードは5グラムに対してAmazonの水草のタネだと10グラムと2倍の超大盛り仕様とお得。

 

こだわりのミスト式水槽を立ち上げ

水草のタネ「カーペットプランツ」はこの30cmキューブ水槽で育成していきます。ミスト式はどれくらい水を入れたら良いのか。どれくらい霧吹きをしたら良いのか。どれくらいタネを撒いたら良いのか?という疑問にぶち当たるが、かなり水の量はアバウトで問題ありません。

ソイル全体が湿る程度水草のタネが水に浸らない程度と水を入れる量はアバウトで問題なく育成することができます。水槽の蓋(上部)にはサランラップなどをして湿度が保てるサウナ状態にするのが必須条件です。

 

こだわりの「霧」装置

ソイルを厚く敷き、スポンジをぐるっと巻きつけその中に霧発生器を設置する事で水位を確保する事ができます。霧発生器はある程度水位がないと機能しません。

 

 

水草の種が水に浸らないようにソイルを厚く敷き工夫するとこんな楽しい事が可能!こだわりのミスト式水槽です。

ミスト発生機がなくても問題なく育ちます。ミスト発生機を投入しているのはただの遊びです。本来のミスト式では使用しません。霧吹きなどをしてサランラップで密封するのがミスト式です。

 

こだわりの蓋

ミスト式は水槽の上にサランラップを巻いてサウナ状態にするのが一般的だが個人的には、ラップを撒いた水槽のこ汚い容姿が許せなかった。

そこで思いついたのが水槽の蓋。水槽とセットになっているガラス蓋は隙間があるので却下。そこで見つけたのが楽天市場でアクリルを販売&加工してくれるショップ! 自分の好きなサイズ・厚さ・材質を選ぶ事ができます!

 

30cmキューブ水槽の場合は簡単。縦30cm、横30cmに切ってちょ。とお願いして注文したら綺麗に加工されたアクリル板が家に届きました!仕上がりは申し分なく美しく満足!

上の写真の蓋が楽天の加工ショップで作ったやつです。素材は塩ビ透明がベストです。水槽のフタは5ミリあれば反らずに綺麗にフィットします。切り方もオプションで選べますがノーマルで十分でしたよ(^_^)

30cmキューブのフタが欲しい人

楽天市場 塩ビ板(透明)板厚(5ミリ) 300×450

30cm×30cm で注文。

60cm標準規格のフタが欲しい人

楽天市場 塩ビ板(透明)板厚(5ミリ) 450×600

60cm標準規格サイズの蓋が欲しい人は60cm×30cmで注文。 

 

種の巻き加減はどのくらい?

この茶色をした粒が水草の種です。画像から種を多く撒いた場所少ない場所種を撒いていない場所の3パターンが確認できます。 どうなるのか!?

 

スポンサーリンク

こうなります!

上の画像と見比べて見てください。撒いてない所は茶色のソイル(砂)が見えてしまっています。そして多く種を撒いた場所ほど緑色の新芽が出ているのが確認できます。

これは種を撒いてから4日後の様子です。使用した種の量は1グラム程度。袋には全部で10gの種が入っていました。発芽するタイミング・日数は温度によって変化します。 難易度はかなり簡単なので誰でも水草の絨毯を作り上げる事ができます。

 

 

1週間もすればモリモリに!これは「カーペットプランツ」と呼ばれる謎の草の方の種です。ヘアーグラスも同じ密度で種を撒くとGood!

カーペットプランツの方はグロッソのように横にランナーを伸ばして横に成長してくれません。縦(上へ)と伸びます。なので初期の時に種は隙間なくしっかりと撒いておいた方が、より美しいグリーンのカーペットを完成させる事ができます。

 

100圴のプラケースでもミスト式できるよ!

100円均一のセリア(seria)でキューブ型のプラケースが売っていました。浦安のSEIYUの3階にあるセリアで購入しました。

このキューブ型ケースは店によってはおそらく置いていないと思いますので油断禁物!100圴に置いてあったらラッキー程度で見に行くのが良いかと思います。なかったらガッガリしちゃいますからね。

 

 

ぴったり収まるフタまでついて100円です。ミスト式に利用してください!と言わんばかりのナイス商品! これは30cmキューブ水槽で種を撒いて育成していたカーペットプランツです。引っ越しさせて観察しています。 ちなみに種から育成30日目です。

 

 

この真ん中にある稲のようなものが水草の種「ヘアーグラス」を育成させたものです。25日目の様子。 ミスト式は卒業してフタを閉めていない状態で育てています。 ヘアーグラスはロングショートの2タイプの種があります。 違いは長さ・大きさです。

ショートの方が小さく育つので人気がありますが、お好みや用途にって臨機応変に選べばok!

 

 

光は日光が少し当たる場所に置いておくと良いと思いますが、天気によっては綺麗に育たない場合もあります。 日当たりが確保できないようであればLEDの省エネのライトがAmazonなどで安く売っているので用意しておくと安心かも。

ちょっとミスト式やりたいなぁ。と手軽さを求めているのであればライトをわざわざ購入する必要もないのかなと個人的には思います。上の画像の小さい省エネLEDライトで十分育成可能でした。Amazonで購入しました。

 

オレが使用しているミスト式のケースはセリアで購入したクリアキューブで育成しています。たぶん時期的な商品だったり、高確率で、このキューブケースは置いてないと予想。店員さんに上の画像とバーコードを参考に取り寄せてもらうのもありかも。

いますぐ欲しい人はAmazon似たものが販売されているのでチェックしてみてください。高いけど。

 

プラケースAmazonとかにもあったよ!

実際に使用している省エネLEDライト

水ドバーッっと注水!

ミスト式は別に注水する必要はないです。お好きなように育成可能。 このまま水上で育てても良し!水を注水して水中で育成しても良し! co2の添加も必要ありません。

 

 

注意点はこの水草「カーペットプラント」は有茎草のハイグロフィラに激似になります。そして大きくなるので要注意。緑○:カーペットプランツ30日目 青○:ハイグロフィラ

結論的にちっちゃいケースに入れて育てたり上の写真のように侘び草にして育てるのが無難かなと。個人的には思いました。

 

ミスト式の動画撮った!

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ イイね!が嬉しい。ポチっと。